> こだわりの針製造

何気なく使われている針は、およそ25もの工程を経てつくられています。その工程の箇所に、針を見つめる職人の目が光っています。

確かな品質のために職人の目が光る。

成形
  1. 1.原材料となるはがね線を引き伸ばす
  2. 2.まっすぐに伸びたはがね線を切断する
  3. 3.先端を研磨し尖らせる
  4. 4.穴を開ける
  5. 5.針穴の周囲をなめらかに研磨する

成形

↓

熱処理
  1. 6.強度を上げる加工(焼入れ)
  2. 7.弾力性を上げる加工(焼き戻し)
  3. 8.バラバラになった針を揃える

熱処理

↓

表面処理
  1. 9.表面をピカピカに研磨する
  2. 10.よごれを落とす
  3. 11.きれいに洗浄する
  4. 12.バラバラになった針を揃える
  5. 13.向きを揃える
  6. 14.曲がった針等をチェックし選別

表面処理

↓

先付け
  1. 15.針先を研磨しさらに鋭く尖らせる
  2. 16.研磨して光沢とすべりをよくする
  3. 17.研磨して光沢と滑らかさを上げる
  4. 18.さび止めの加工
  5. 19.乾燥させて揃える
  6. 20.針穴の糸通りをよくする金メッキ加工

先付け

↓

揃え・指し
  1. 21.乾燥させて揃える
  2. 22.針の向きを揃える
  3. 23.針の長さをチェックし選別
  4. 24.実際に針を刺して検査

揃え・指し

↓

包装
  1. 25.仕様にあわせて包装

> 先頭へ  > TOPへ